ワイヤー矯正にはどんな特徴があるのか?

歯医者の道具

歯列の矯正法の中でも最も伝統的なのがワイヤーを用いる方法です。
熟成された治療法のために重度の歯列の乱れにも対応できる技術が確立され、顕著な不整合も整えていくことが可能です。
広く普及しているために様々な歯科で受けることが可能であり身近な矯正法なのも魅力と言えます。
しかし一方ではワイヤー矯正にはデメリットもあるのです。

まず金属アレルギーの問題が挙げられます。
金属に対して反応を示す体質ですと根本的に選択しにくい治療法と言えます。
また、金属アレルギーを自覚していないこともあるため、気付かない内に健康面に負担を掛けてしまう可能性も考えられるでしょう。

審美性の面においてもデメリットがあります。
昨今では目立たないワイヤーも登場しているものの、それでも口元に装置があることで目を引きやすいです。
大人になってからですと気になりやすく矯正を躊躇させる理由にもなり得ます。
特に見た目のことが理由で敬遠されるがことが多い実情もあるため、審美性に影響を及ぼすのは大きなデメリットと考えられているようです。

リテーナーに食べカスが挟まることで歯磨きの際に苦労するのも問題点のひとつです。
歯を安定させるために欠かせないリテーナーではあるものの、大事な存在ゆえに装着をしなければならず、しかし一方では汚れの温床となる厄介な存在になることもあります。
きちんと歯磨きをしないと口臭の発生原因にもなってしまうため、歯科で適切な磨き方を教わりメンテナンスをしていくことが大切と言えます。

口内に違和感が生まれることで発声に影響を及ぼす可能性があるのもデメリットです。
装置の存在感は慣れない内は違和感が大きく、会話をする時にも支障になりがちです。
例えば仕事で喋らなければいけない時にはこの問題点が支障をきたしますので、こうした理由もありワイヤー矯正は不便さを感じられてしまう傾向があります。

ワイヤー矯正は主流の治療法ではあるものの、これらのようなデメリットを生み出してしまうのが問題点です。
優れた効果の一方で不便が生まれるために、問題点を理解した上での治療に臨めるかどうかがジャッジの分かれ目になってきます。
ただ現在ではその他の治療法も登場していますので、敢えてワイヤー矯正にだけ拘る必要もないと言えるでしょう。
以上に紹介したようなデメリットを解消しながら矯正が行えます。
矯正のハードルは従来と比較して大きく下がっている現状もありますから、自分に適した治療法も見付かるはずです。