インビザラインはアメリカで開発された透明のマウスピースタイプの歯科矯正です。
全世界で340万人以上の人が利用していて、世界中のセレブたちも利用しています。
最新の歯列矯正ですが症例によっては比較的リーズナブルな価格で治療を受けることが可能です。
インビザラインの費用は部分的な歯列矯正からフル歯列矯正まで幅広く対応することができます。

例えば難易度の高い矯正の場合は100万円ぐらいで、標準的な矯正の場合は80万円です。
軽度の場合は50万円で、部分矯正の場合は30万円ぐらいでしょう。
他の歯科矯正には治療方法やクリニックによって追加料金などが発生するので、合計すると予想外の金額になる可能性があります。
インビザラインが発明されたアメリカでも治療費用は高く、多くの人が医療保険に加入し治療費を抑えています。
保険に加入していてもインビザラインにかかる金額は50万円~100万円ぐらいでしょう。

日本においてインビザラインを利用する場合、クリニックはアメリカの会社に対象者の歯のデータを送りマウスピース製作を依頼し発送してもらう仕組みです。
歯科矯正は保険適用外になり自己負担額になりますが、アメリカで治療するのと同じくらいの金額でマウスピースを製作することが可能です。
日本ではインビザライン治療費は医療費控除対象になるので、他のクリニックなどでの医療費と組み合わせて確定申告すると所得税額を抑えて治療費をダウンすることができるでしょう。

プラスティックで製作されているインビザラインは、マウスピースを歯にセットする矯正装置です。
周囲の人が気づかないほど非常に透明感があり高い審美性を誇っています。
いつも通り日常生活をおくることができ食事や発声などを普通に行うことが可能です。
取り外しできるので衛生的にも優れていて、歯科矯正をしたくても金属装置では人の前では笑えなかったり、矯正していることを誰にも知られたくないという人におすすめの方法と言えるでしょう。
食事をする際取り外すことができるので、料理をおいしくしっかりと味わうことが可能です。
装着したままでも食事することができるので、急に外せないような時にも臨機応変に対応することができます。

八重歯日本人に多い八重歯も治療することができ、抜歯しなくてもインビザラインを使って歯列矯正することができるので便利です。
施術期間はその人の症状によりますが医師と相談すると効率的に歯をきれいにすることができます。

インビザラインで評判のいい点

インビザラインにはいくつかメリットがあり、例えば目立たないので気付かれにくいということがあげられます。
透明で目立たないデザインになっていて、高い審美性です。
歯に直接はめるというマウスピースなので、矯正をしていることを周囲の人には気付かれません。自然な歯並び

痛みが少ないという特徴があり、インビザラインは滑らかで薄い素材です。
オーダーメイドで作ることができフィット感もあり、痛みを心配している人にも安心して利用することができます。

取り外しが簡単なので衛生的です。
固定タイプの歯列矯正装置は取り外しが難しいことで知られていますが、インビザラインは簡単に取り外すことができます。
食事や歯磨きを行うことができ、口の中の衛生的な状態を維持することが可能です。

他のマウスピースの場合は毎月歯型を取り新しいものを作る仕組みですが、インビザラインは治療する前にコンピュータで治療した後までの形状を作るので1ヵ月~3ヶ月毎の通院で済むでしょう。
金属アレルギーの人も安全・安心して利用することができ、柔らかいプライスティック素材でできています。
装着期間は歯並びの状態や本数などによって多少バラツキがありますが、装着期間は他の方法とほとんど同じです。

部分的に矯正することができ、軽症なら1年以内で治療を完了することができます。
1日20時間以上という装着時間をきちんと守ると、治療期間は1年半~2年半ぐらいになるでしょう。
少し余裕を持って取り組むと安心です。
例えば前歯に隙間がある歯列矯正の場合、1年未満できれいに整えることが可能です。
但し、前歯におうとつがあったり噛み合わせが悪いと長期間治療を要することもあるでしょう。

一般的に奥歯の歯並びを治療には抜歯を行う矯正方法が多く採用されますが、インビザラインの場合はクリニックの判断になります。
歯をどのようにきれいに治療したいか専門の医師と相談すると適切な処置を施してくれます。

日本人に多い八重歯は抜歯しなくてもインビザラインを使って矯正することが可能です。
症状にもよりますが治療期間として2年ぐらい想定しておくと良いでしょう。

基本的にインビザラインは食事や歯を磨く場合に取り外さなければいけません。
食事する度に装置を付け外しするのは面倒くさいと思われるかもしれませんが、装置の付け外しは簡単で従来の矯正装置のような食べ物が絡みつくといった煩わしさを感じることはないでしょう。

新着記事一覧